「敷金」は戻るもの?それとも戻らないもの?

敷金とはどういうものか?

賃貸の部屋を借りるときは、入居時に敷金や礼金といった費用を不動産屋へ支払わなければなりませんが、とくに敷金については、退去時に戻るかどうかなどの疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。そもそも敷金とは、家賃の不払いや部屋の原状回復が必要な場合の費用をあらかじめ預けておくという、いわば「保証金」の性格を持っているものです。なので特に問題がない場合は退去時に戻ってくるはずのお金ですが、契約内容や、貸し手側による判断によっては戻ってこない場合もあります。

敷金で問題になる原状回復義務とは?

敷金をめぐるトラブルでは「原状回復義務」と呼ばれるものが問題になります。この原状回復義務とは、部屋を借りた人は、退去時に部屋を元の状態(汚れや破損がない状態)に戻さなければならないというものです。しかし国土交通省のガイドラインでは、本人の故意や過失によるもの以外の、通常使用による損耗(畳の磨り減りなど日常的に起こる劣化など)については、部屋を借りている側の原状回復義務には当たらないとされており、そのような認識も広がっていると言われています。ただし契約書に畳の張替えの義務などがある場合は、それを守る必要があります。

敷金を多く取り戻すには?

敷金を多く取り戻すためには、まず契約時の取り決めが重要になると言えます。畳の張替えや部屋のクリーニングが義務付けられている契約を承諾した場合は、退去時にその費用が敷金から差し引かれることになります。しかし契約時に、先ほど紹介した国土交通省のガイドライン(通常使用の場合は入居者の原状回復義務に当たらない)を示して交渉してみるということも一つの方法だと言えます。また入居中は部屋をキレイに使うよう心がけるということも、当然必要だと言えるでしょう。

最近は巨額な住宅ローンを抱えることが不安、年齢、収入に応じて住み替えをしたい、家族に資産として土地や建物を残す必要がないなどという理由から賃貸住宅を選ぶ人が増えています。