外壁塗装で快適な生活を!塗替えによるリフォームはなぜ必要か?

劣化してくる防水性能

外壁塗装って聞いたことがありますか?家に住み続けるためには必ず必要なことですが、意外と知らない人も多いかもしれません。外壁塗装がなぜ必要かと言うと、家を水から守ってくれるからです。新築で建てた家の外壁は完全に防水加工がされています。ところが年月が経過すると防水性能が衰えてきます。では防水性能が衰えるとどうなるでしょうか?水が家の内部に侵入してきます。防水性能の衰えとともに浸水は激しくなっていきます。

防水性能が低下するとどうなる?

外壁の防水性能低下による浸水は住宅にどのような影響を及ぼすでしょうか。壁の表面に塗ってある塗料の防水効果が薄れていくと、壁材が少しずつ水分を含むようになってきます。そして酷くなると壁を通りすぎて、内側の下地まで湿気が回り始めます。また、防水性能が衰えてくるタイミングで目地のコーキングも傷み始めていますので、目地からも水分が侵入します。そうすると家の骨格を成す柱に湿気が回ったり、内装材にも湿気が回ります。

湿気はとても恐ろしい

家の内部に湿気が回るとどうなるでしょうか。家の骨格である柱に湿気が回ると、柱は膨張します。膨張するということは、変形するということです。柱が変形するとどうなるか、柱に打ち付けられているパネル等も影響を受けて変形します。そうするとそれに接している部分が変形する、というように次から次へと連鎖してきます。さらに湿気は木を腐れせたり、接着剤で接着されているものを剥離させます。湿気が及ぼす悪い影響が進行していくと手がつけられなくなってしまいます。

外壁塗装を千葉で探すには、タウンページをあたる、ネットで検索するなどの方法があります。また、地元の人に業者の評判などを聞いてみるのも有効です。