一人で落ち着ける!隣部屋が気にならない賃貸選び

築年数が新しければ隔てる壁も厚く丈夫に

個人のプライバシーが尊重される様になった近年になって、賃貸アパートやマンションにも壁の振動が伝わり難い素材を採用したり、壁自体が余裕を持った厚さになる等、隣人の活動が伝わり難い構造が盛んに取り入れられる様になりました。それゆえ生活におけるプライバシーを重視し、隣人の活動による振動や騒音の影響を受けたくないのであれば、多少の賃料アップは覚悟の上で、築年数の新しい最新の物件を重点的に選んだ方が良い結果を生むでしょう。

自分でも出来る簡単な壁叩きチェックを

隣の騒音や振動が気になるという場合、気に入った物件を発見しても即決断は禁物。とにかく実際の物件に案内してもらい、幾つかのチェックをしてみるべきでしょう。先ずは簡単なところで物件の室内に入り、隣部屋とを仕切る壁を軽く叩いてみる事です。振動がすぐに収束し全く響かない壁なら合格ですが、大きな音が響いたり長時間反響する様ではいけません。木造でも壁の造りがしっかりしていない可能性が高く、隣部屋の振動に悩まされるリスクが大きくなります。

出来る事なら大家や管理者に物件の隣人について伺う

長期に渡って住む事になる賃貸物件ですから、こちら側の居住に不利となる様な内容は多少無理をしても伺い予防手段とすべきでしょう。目的の賃貸物件であれば、物件を見学する際に大家や管理者から軽く話を伺い、隣人の人となりや騒音を立てる人でないかどうかの確認を行っておくのがベストです。また物件周囲の廊下等の様子を観察し荒れたり汚れていないかの確認も意外と有効。煙草屑等のゴミが隣のドア周囲に散っている場合、隣人が友人を連れ込んで騒ぐといったリスクも想定出来るからです。

札幌市東区の賃貸マンションに実際に住んでみて思っていた感じと違っていたり、周辺の環境が変わったとしても、賃貸なのでいつでも違う場所へ住み替えることができます。