流行りのシェアハウスって実際のところどうなの?

シェアハウスってなに?

最近よく耳にするようになったシェアハウスですが、実際のところ住み心地はどうなのでしょうか。賃貸選びの選択肢として入れても良いものなのか、迷っている人もいるかもしれません。シェアハウスとは、1つ屋根の下に他人同士が住む賃貸のスタイルです。友達同士や恋人同士が同居するのとは違い、見ず知らずの他人がそれぞれ契約をして1つの家で暮らします。それぞれの部屋はあるものの、キッチンや風呂などは共有で使うのが一般的です。

普通の賃貸とどう違うの?

普通の賃貸住宅との違いは、生活の中で他人と共有するスペースがあることです。一般の賃貸住宅でも、エレベーターやロビーは住人全員が共同で使いますが、家の中は完全にプライベートな空間です。それに対しシェアハウスは、トイレや風呂など、生活に欠かせないスペースも共同で使うことになります。プライバシーを重視したい人には不向きですが、住人との触れ合いが新鮮で楽しいとなかなかの人気ぶりです。協調性も身に付くでしょう。

決め手はルールを守れそうかどうか

シェアハウスに住む場合、共同スペースの使い方などのルールを確認しておくことが重要です。新参者の場合、既にあるルールに従うしかありません。入浴の時間、炊事当番、ゴミ出し当番などが決まっている場合もあります。一人で住むなら好きなときに入浴できますが、風呂が共有である以上、そういうわけにはいきません。規律に従えそうかどうかを考えてから決めるようにしましょう。他人と触れ合い、人間関係が広げられる一方で、やや窮屈なルールを守らなくてはなりません。

札幌の賃貸は、快適な生活を送る事が出来る環境の整った地域ですので、とても人気があり、若年者から高齢者まで人気があります。